学校について

ニンビン省少数民族高等学校
ベトナム
ベトナム社会主義共和国

ニンビン省少数民族高等学校

Huyện nho quan, tỉnh ninh bình

ベトナム国内でも有数の進学校です。ただ日本でいう進学校のような裕福なイメージではありません。通うのはベト族(ベトナム人の90%を占める民族)以外の少数民族で、農村部に位置する学校のため両親の仕事は農家がほとんどで収入はごくわずかです(農家は自給自足が基本であるため)。それでも生徒達の勉強意欲はすさまじく、年間で使うノートはなんとひとり60冊以上!政府から支給される量ではとても足りません。

生徒達に将来の夢を聞いてみると、水量測定士になりたいと語ってくれた生徒がたくさんいました。日本では聞きなれない職業ですが、ニンビン省では雨期に来の稲穂が水につかってしまい、作物が収穫できないという問題を抱えているため重要な仕事とされています。他の学生も多くが将来は地元に貢献できる職業を選択すると間きました。また全寮制の学校(実家が10キロ以上離れている生徒も多いため)で、寮は一部屋6畳1間の広さ、6人がベッドを並べて、その上に箱を置いて子供達は勉強をしていました。

学校の沼(水が濁っていて底が見えない)で魚を飼育し、 食料にする生徒もいるというのを聞いて大変驚きました。

生支援だけでなく、生徒たちと一緒になって作る日本のカレー作りイベントを実施。スタッフ体験ツアー参加者は皆、本当に仲良くなることができます!

支援について

支援プロジェクト

家にあるものを寄付する

現金を寄付する

現地に届ける

学校側からの希望支援

上記支援以外の要望・希望備品など

パソコン10台 スポーツ用品(ボールなど)