学校について

ホーチミン ビンチュウ能力開発センター
ベトナム
ベトナム社会主義共和国

ホーチミン ビンチュウ能力開発センター

ここでは現在幼児~小学校5 年までで8 クラスで、400 名近くの生徒が勉強しています。彼らは世話をしてくれる親や親戚、住む場所はあっても、家の経済的事情や書類がそろわないため、教育を受ける機会を失ったり制限されたりし、路上に出てお金を稼がねばなりません。( もちろん一部家族や帰る場所のない子どももいます) そのような状況の中センターでは、学校へ通えない子ども達に幼稚園・1~5年生過程の授業を無料で行っています。べトナムで公立学校へ通うには、出生届・住民票等の必要書類がそろい、学力が2年以上遅れていないことが条件です。 センターに所属する田舎から都会へ出てきた子ども達はこれらの書類が整わず、学校に通えず、労働を続けていた子どもは学力も遅れがちです。しかしながら、センターでの無料授業の課程を終えても公的に通用する卒業証明書は発行されません。 よって、里親の皆様の奨学金により、書類の整備や学費の工面ができ、子どもが公立学校に通える条件をクリアできることが一番望ましいことです。子供達はセンターでの活動、行事に参加して友情や見識を深め、社会性を身に付けるために、 日々厳しい環境を乗り越えて勉学に励んでいます。

この施設へは、旅行者の方に日本で集まった文房具を届けていただいております。訪問した全ての方が、「無邪気に懐いてくれる子供たちと合う事ができ、参加して良かった」と言っていただけます。

支援について

支援プロジェクト

家にあるものを寄付する

現金を寄付する

現地に届ける

学校側からの希望支援

上記支援以外の要望・希望備品など

パソコン